6月定例会が始まりました

2007年6月7日 23時55分 | カテゴリー: 活動報告

小林じゅん子の一般質問は二つとも三郷関連

 2007年安曇野市議会6月定例会が始まりました。開議場所は、いずれも堀金総合支所3階ですが、6月14日(木曜日)の建設水道委員会は、穂高総合支所にて行われます。議会をより身近に感じていただくための、新しい試みです。どなたでも傍聴できますので、気軽にお出かけください。

◆2007年6月定例会会期日程

第1日 6月7日 木曜日 午前10時
 ・開会 ・会議録署名議員の指名 ・会期の決定
 ・議長の諸般の報告 ・市長の行政報告 ・議案説明
 ・「報告」採決

第2日 6月 8日 金曜日 休会 ※一般質問の通告締切り(正午)
第3日 6月 9日 土曜日 休会
第4日 6月10日 日曜日 休会
第5日 6月11日 月曜日 休会

第6日 6月12日 火曜日 午前10時
 ・「議案」一括質疑 ・委員会付託

第7日 6月13日 水曜日 午前10時
 総務委員会:図書室
 福祉教育委員会:301大議室

第8日 6月14日 木曜日 午前10時
 環境経済委員会:304委員会室
 建設水道委員会:穂高総合支所(午前10時)

第9日 6月15日 金曜日 午前10時
 福祉教育委員会:301大会議室

第10日 6月16日 土曜日 休会
第11日 6月17日 日曜日 休会
第12日 6月18日 月曜日 休会
第13日 6月19日 火曜日 休会

第14日 6月20日 水曜日 午前10時 一般質問7人(予定)
第15日 6月21日 木曜日 午前10時 一般質問7人(予定)
第16日 6月22日 金曜日 午前10時 一般質問7人(予定)

第17日 6月23日 土曜日 休会
第18日 6月24日 日曜日 休会

第19日 6月25日 月曜日 午後2時
 ・委員長審査報告、質疑、討論、採決 ・議員提出議案、採決
 ・閉会

 こうしてみると「休会」の日が多いと思われるのではないでしょうか。でも、「休会」はお休みということではありません。会議がお休みなだけです。この間に、議案を読み込んだり、質疑や一般質問に向けて調査をしたり原稿を書いたり、反対・賛成の討論をまとめたり等々、やることは山ほどあるのです。

◆今回の一般質問では、次の2項目について質します。
1、安曇野市第三セクター ㈱三郷ベジタブルの経営責任について
<4月提出の経営改善策について>
・経営不振に陥っている㈱三郷ベジタブルより、4月20日に経営改善計画が提出されたが、不十分な内容であったため議会としては「聞き置く」だけで承認に至っていない。その後、経営改善計画の見直しは進んでいるか。
・三郷ベジタブルと安曇野市(旧三郷村)が交わした不動産賃貸借契約および土地賃貸借契約の変更はどうなっているか。
・㈱三郷ベジタブルと長野県農業開発公社が交わした土地賃貸借契約の変更はどうなっているか。
・㈱三郷ベジタブルの4期目の決算の見通しはどうか。

<市民に対する責任について>
・市の歳入となるべきトマト栽培施設使用料の7,000万円は、新年度予算には計上さえされていない。市が支払いを猶予しているといっても、市民の目には「免除した」としか映らない。3月議会では「いい結果が出ていないので、甘かったといえば甘かった。申し訳なく思う。正常な経営状態にもっていくことが、市民の皆様に対する責任と考え、全力を注いでいく」との答弁であったが、その後の3ヶ月の間に、具体的にどう責任をとろうとして何をしてきたのか。

2、北小倉区内に建設された廃棄物中間処理施設について
<旧三郷村行政の不手際を安曇野市はどのように認識しているか>
・北小倉区内に建設された廃棄物中間処理施設については、許可申請を受理しない県を相手取り業者が訴訟を起こした。先日の一審判決を受けて県は控訴する構えである。この問題の根元には、旧三郷村行政の不手際、住民軽視の対応があった。安曇野市としては、旧三郷村行政の誤った対応を認め是正したうえで、合併後の安曇野市は住民の側に立ちその生活と環境を守ると宣言すべきであり、そのことが裁判を有利に導くとも考えるが、どうか。