穂高町議員として最後の「種まき通信」発行

2005年10月9日 21時21分 | カテゴリー: 活動報告

公職選挙法に違反しないように政策を訴えて歩く

 9月20日に穂高町議会の最後となる議会が終了、その歴史に幕が下りました。私自身は、全国的な合併の流れに安易に乗らず、穂高町として存続していくと考えていたので、当然のこと町の議員として4年間働くつもりでいました。それが、10月1日の安曇野市合併によって2年5ヶ月で失職することに。

 議会終了の次の日には、穂高町議会議員としては最後の発行となる「種まき通信・小林じゅん子の議会だより-NO.11」を編集し、そのまた次の日には5000枚を事務所の中古のリソグラフ(印刷機)で印刷。小林じゅん子後援会への入会勧誘リーフレット(新しい政策が書かれている)とセットにして、配布を始めたところです。
 まずは、ご近所の皆さんのお宅を訪ねました。古厩の西部から矢村、新屋・学校町にかけて。これらの地域は、「種まき通信」が出る度に配っていたところなので、「お願いします」と差し出すだけで、「いよいよ選挙だねえ、がんばっとくれ!」と励ましの言葉が返ってきます。なかには、「お願いしますなんて煮え切らない言い方じゃあダメだよ。ぜひワタシに投票して!ぐらいのこと言わなきゃあ・・・」と善意で言ってくれる人もあります。またこれとは正反対に、「お願いしますって、いったい何のお願いだい・・・」と真顔で聞いてくる人もあって、まあ、この方が正直な反応と言えなくもないですね。

 市民の皆さんとのこのようなやり取りは、公職選挙法という選挙に関わる法律があるために、不自然な形になっているような気がします。この公選法では、「選挙運動は選挙期間中にのみ許される」ということになっていて、告示日より前の選挙運動は禁止。これを「事前運動の禁止」と言います。告示日より前には、「いつ、どこで、だれが、どの選挙に出るかを言ってはいけないし、投票依頼をしてもいけない」ということです。文書でも同じです。
 ですから、告示前のこの時期に、リーフレットや議会だよりを配りながら「安曇野市の議員選挙に立候補しますので、ぜひ投票してください」などと話したら、選挙違反ということになるのです。リーフレットもよく読んでいただければ、「市議選に立候補します」とか「あなたの一票を小林じゅん子に」とった表現は、実は一つもないことがわかります。基本的に小林じゅん子後援会(政治団体)への入会資料として作ったものだからです。私の事務所の活動の注意事項のなかには、次の2項目が大書されています。

公示日前は、口が裂けても「純子さんに一票入れて」と言ってはいけない。
公示日以後、口を開けば「純子さんに一票入れて」と言わなければいけない。