「小林じゅん子と種まく人々」小林じゅん子後援会の政治資金収支報告書

2009年4月18日 22時54分 | カテゴリー: 活動報告

安曇野市議会の政務調査費についても収支報告

 報告が遅くなりましたが、先月30日に2008年の政治資金収支報告書を提出しました。私の後援会は「小林じゅん子と種まく人々」小林じゅん子後援会という名称で政治団体に登録しています。政治資金収支報告書は、政治資金規正法により、提出することが義務付けられているもので、毎年3月末までに前年分の収支報告書を提出することになっています。

 しかし、ザル法で名高い?政治資金規正法では、いくら収支報告書を義務付けていても、相変わらず政治とカネの問題は後を絶ちません。最近の事例では、民主党の小沢代表と西松建設の違法献金疑惑(村井知事にも同様の疑惑)は皆さんもご存じのとおり。また、3月の千葉県知事選で完全無所属を掲げ当選した森田知事が、実は自民党の政党支部長として企業・団体から多額の寄付金を受けており、やはり違法献金があったとして告発される事態となっています。

 これら問題になっている政治資金収支報告書の数字を見ると、数百万はザラ、数千万、億単位の金額が当たり前のように並んでいるのです。ただただ驚くばかりです。それに比べ、小林じゅん子後援会の政治資金は何と「ささやか」なものかと思われるかもしれませんが、私にとっては、まさしく浄財であり、なんの見返りも求めない尊いお金です。ご寄付いただいた皆様には、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

◆2008年小林じゅん子後援会・政治資金収支報告
1、収支の総括
  収入総額  231,160円(繰越額 42,160円 当年の収入額 189,000円)
  支出総額  200,621円
  翌年への繰越額  30,539円

2、収入項目金額の内訳
 会費 0円(会費を徴収していないため)
 寄附 189,000円(延べ45名の個人からの寄附)

3、支出項目別金額の内訳
 経常経費
  ・備品・消耗品 103,761円(印刷用紙、インク他)
  ・事務所費   59,601円(家賃、電話代)
 政治活動費
  ・組織活動費  37,260円(通知用はがき、通信郵送料)
 ※郵送料は70,000円ほどかかりましたが、不足分は小林の個人負担となっています。
県選管に提出した政治資金収支報告書はこちら
 これは提出した原本のコピーです。
政治資金規正法の概要はこちら

———————————————————–

 次に、安曇野市から市議会議員に交付される政務調査費ですが、こちらの収支についても報告させていただきます。

 安曇野市議会議員の政務調査費は年額90,000円(月額7,500円×12ヶ月)。これに預金利息が11円ついて収入合計90,011円となっています。

 支出は、研究研修費154,680円(「女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク」(略称「む・しネット」)の年会費、みどりネット信州の年会費、名古屋市での議員研修3回の受講料、交通費、宿泊費など)、資料作成費2,720円、資料購入費45,662円(ふぇみん新聞定期購読、女性学年報、書籍、雑誌等)、広報費127,155円(「種まき通信」新聞折込料4回分、ホームページのサーバー管理等)、支出合計330,217円で、差し引き240,206円の不足となりました。
 不足分は小林の個人負担となっています。

2008年度政務調査費収支報告書(小林純子)はこちら