ドキュメンタリー映画「バベルの塔」証言で綴る核問題

2012年5月25日 01時47分 | カテゴリー: イベント情報, 活動報告

福島原発事故の恐ろしさ・上映会と講演会

 今日も原発事故関連のイベントのお知らせです。憲法9条を守る穂高の会の主催で、ドキュメンタリー映画「バベルの塔」の上映会と講演会が開催されます。映画の後には第二部として大日方聰夫氏の講演「原子エネルギーの特殊性」があります。会場は「みらい」(穂高にある市の中央図書館)

この映画について〜映画人九条の会Mail No.45より〜
 あのチェルノブイリ事故から25年が経った今年、3月11日の東日本大震災とともに放射能の災厄がまたも日本を襲いました。あたかも「バベルの塔」の伝説のように。
京都映画人九条の会会員で、おもに東映京都撮影所で助監督として働いている髙垣博也さんは、矢も楯もたまらずこのドキュメンタリー映画「バベルの塔」を制作しました。京都映画人九条の会が全面協力しています。

映画「バベルの塔」は、長年にわたって国の原子力政策を批判してきた工学博士の安斎育郎さん、原発問題で一躍注目を集めている京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さん、元静岡大学教授で核融合炉などを研究してこられた深尾正之さんの5時間に及ぶロングインタビューを中心に、六ヶ所村の再処理工場や、被災地福島県の20キロ警戒区域まで入って現地取材した、70分の最新ドキュメンタリー映画です。

またこの映画は、原子力発電の基本的問題を分かりやすく解説しており、今後のエネルギー問題を考える上でも大いに参考になる映画です。

日 時:6月24日(日)18:30〜
会 場:安曇野市中央図書館「みらい」の多目的ホール
入場料:800円

第一部 18:30〜
    映画「バベルの塔」証言で綴る核問題

    出演 安斎育郎 工学博士/安斎科学平和事務所
       小出裕章 京都大学原子炉実験所助教
       深尾正之 工学博士/元静岡大学教授

第二部 19:50〜
    講演「原子エネルギーの特殊性」
    講師:大日方聰夫氏 元日本大学理工学部教員

主 催:憲法9条を守る穂高の会
問合せ:82−2992(猪狩) 82−6212(小林)
    83−2083(山寺) 83−4849(寺村)

◆ドキュメンタリー映画「バベルの塔」予告編はこちら
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=sY0BvcOJ3MM