「モンサントの不自然な食べもの」と「ミツバチからのメッセージ」

2013年3月27日 01時09分 | カテゴリー: イベント情報

~ご存知ですか?私たちの食べ物とネオニコチノイド農薬のこと~

映画の上映会のお知らせです。

◆「モンサントの不自然な食べもの」
 遺伝子組み換え食物(GM)の事実を知りましょう。 命より経済が優先するバイテク会社の事実を知りましょう。 アメリカに本社を構えるアグロバイオ企業「モンサント社」、世界の遺伝子組み換え作物市場の90%を誇るグローバル企業の、クリーンなイメージに隠された裏の姿をカメラは追う。

日時 4月13日(土)松本Mウイング大ホールにて
午前の部上映  10:00~12:00
午後の部上映  13:00~15:00
講演と質疑応答 15:10~16:10

演題「食の安全・安心を求めて、私たちの生き方」
講師 宮田兼任(みやたかねとう)64歳
松川村在住 専業農家 県母親大会の助言経験多数回

前売券1,000円(当日券1,200円)
託児対応あり:Mウイング保育室 託児希望者は予約が必要です。
託児予約およびその他お問合せは峯岸(℡090-5808-0768)までお願いします。
前売券発売所(℡):豆工房(33-9123)、トラットリア松本画廊(33-6321)、ハナ(87-0873) やんちゃ坊(33-7737)、ひつじ屋(82-3888)、地球宿(080-5486-6111)
主催 松本・安曇野映画上映実行委員会  共催 信州自遊塾 後援 松本市 安曇野市

◆「ミツバチからのメッセージ」
 一般の農家の間では重宝されているネオ二コチノイドという成分を含んだ農薬、これがが松枯防除のため安曇野市から松本市にかけての山林に空中散布されることになっています。現在、このネオ二コチノイド系農薬が養蜂家を悩ませているといいます。  従来の害虫に直接噴霧して駆除するのではなく、食物に殺傷成分を浸透させること、また神経を興奮させ殺傷させるという脅威の農薬であり、今後はミツバチのみならず動物、そして人体への影響も懸念されています。

・2010年、今年の夏もミツバチが大量に死んだ・・・
・岩手県盛岡市 藤原養蜂場 ・ネオニコチノイド系農薬
・大量死・大量失踪の現場 ・兵庫県三田市 ミツバチ研究 大谷博士の話
・2009年大量死の記録映像 ・日本、アメリカ、EU における残留農薬基準
・化学物質過敏症 ・昆虫を殺す農薬が人間に与える影響  脳神経専門家 黒田博士の話
・長崎県五島市 農薬散布が少ない福江島では・・・

日時 4月21日(日)赤松館 和室(松本市 中川7073-1 )にて
1回目上映  ①14時から16時
2回目上映  ②19時から21時
内容 DVD「ミツバチからのメッセージ」の上映と意見交換会
   お茶付き!  
○託児あり(できれば事前にお知らせください。)
○参加費 無料 → 意見交換会でのお茶菓子を一品お持ちいただければありがたい
○主催 「みつばちからのメッセージ実行委員会」
○問い合わせ090-4840-3751(斉藤)